全てのコンテンツ

Ruby

【Ruby】親クラスの内容を小クラスに引き継ぐ

Ruby で、親クラスの内容を小クラスに引き継ぐことを、クラスの継承といいます。 例えば、以下の親クラスがあるとします。 Parfait という子クラスを作成し、Fluit クラスを継承します。 方法は、子クラスに『<』を入力し、親クラスを入力します。 Parfait…

続きを読む
2022年07月30日1 分
Ruby

【Ruby】インスタンス毎に値を共有できるクラス変数を作成する

Ruby で、インスタンス毎に値を共有できる、クラス変数を作成します。 今回は、インスタンスが作成される度、値が 1 ずつ増えるクラス変数を作成します。 クラス変数を作成するには、変数名の前に『@@』を付けます。 initialize の中に、 @@fluit_number…

続きを読む
2022年07月29日1 分
Ruby

【Ruby】クラスのinitializeメソッドで作成したインスタンスを、外部で読み書きする

クラスの initialize メソッドで作成したインスタンスを、外部で読み込みます。 上のコードでも読み取ることができるのですが、 attr_reader を使用すると、より簡単に記述することができます。 インスタンスを外部で読み込む initialize…

続きを読む
2022年07月28日2 分
Ruby

【Ruby】クラスのinitializeメソッドで値を保持する

クラスの initialize メソッドを使い、値を保持します。 クラス内で、 def を入力し、 initialize() を入力します。 initialize…

続きを読む
2022年07月27日1 分
Ruby

【Ruby】クラスを作成する

Rubyでクラスを作成します。 Fluitクラスの中で、fluitというメソッドを呼び出すようにします。 まずは、 class と入力し、クラス名を入力します。 インデントし、 def と入力し、メソッド名を入力します。 実行したい内容を入力し、 end…

続きを読む
2022年07月26日1 分
Ruby

【Ruby】timesを使い、指定した回数分、繰り返し処理する

Ruby の times を使い、指定した回数分、繰り返し処理をします。 今回は、fluits の配列を順番に 3 つ取り出します。 数字を入力し、『.times』と入力します。 今回は、3 を入力します。 『{}』で閉じます。 『{}』の中に、『|i…

続きを読む
2022年07月25日1 分
Ruby

【Ruby】downtoを使って、指定の範囲内で1ずつ減らしながら繰り返し処理する

Ruby で downto を使って、4 から 2 まで 1 ずつ減らしながら繰り返し処理します。 今回は、フルーツの配列を一つずつ取り出します。 まずは、初期値である 4 を入力し、『.downto()』を入力します。 『.downto…

続きを読む
2022年07月24日1 分
Ruby

【Ruby】uptoを使って、指定の範囲内で1ずつ増やしながら繰り返し処理する

Ruby で upto を使って、0 から 2 まで 1 ずつ増やしながら繰り返し処理します。 今回は、フルーツの配列を一つずつ取り出します。 まずは、初期値である 0 を入力し、『.upto()』を入力します。 『.upto…

続きを読む
2022年07月24日1 分
Ruby

【Ruby】whileを使い、繰り返し処理する

Ruby で while を使って、特定の条件まで繰り返し処理します。 今回は、フルーツの配列から 3 つ取り出すまで繰り返します。 配列と i=0 を設定します。 while を設定し、i が 3 未満まで実行します。 インデントし、実行内容を入力します。 fluits…

続きを読む
2022年07月23日1 分
Ruby

【Ruby】eachを使ってハッシュを一つずつ取り出す

Rubyで each を使って、ハッシュを一つずつ取り出します。 まずは、ハッシュを設定します。 ハッシュ名の後に『.each do』を入力します。 『|k, v|』と入力します。 kはキー、vは値を指しています。 kとvは、keyやvalue…

続きを読む
2022年07月22日1 分