全てのコンテンツ

Ruby

【Ruby】eachを使って配列を一つずつ取り出す

Ruby で each を使って、配列を一つずつ取り出します。 配列名の後に『.each do |変数の名前|』を入力します。 インデントし、実行したい内容を入力します。 end…

続きを読む
2022年07月21日1 分
Ruby

【Ruby】ハッシュを設定する

ハッシュとは、キーと値の組み合わせでできているデータのことをいいます。 設定方法は、『{}』の中に、キーを入力し、『=>』入力後、値を入力します。 キーをもとに値を取り出すには、変数名の後に『[]』を入力し、『[]』の中で指定します。 ターミナルで実行すると、 orange…

続きを読む
2022年07月20日1 分
Ruby

【Ruby】連番の配列を簡単に作成する

0から6の連番を作成しました。 Rubyで連番の配列を作成する場合、 .to_a を使うと、簡単に作成することができます。 『()』を入力し、()の中に、初めの数値と終わりの数値の間に『..』を入力します。 今回は、0から6までの連番を作成したいので、『(0..…

続きを読む
2022年07月19日1 分
Ruby

【Ruby】配列にデータを追加する

Rubyで、以下の配列にデータを追加します。 pushを使う push を使って、配列を追加します。 numbersの後に『.push()』と入力します。 『()』の中に、追加したいデータを入力します。 ターミナルで実行すると、 配列の最後に7…

続きを読む
2022年07月19日1 分
Ruby

【Ruby】メソッドを使う

Rubyでメソッドを使います。 メソッドとは、複数の処理を一つにまとめた処理内容のことをいいます。 JavaScriptでは、関数を指します。 まずは、 def を入力し、後にメソッド名を入力します。 インデントし、実行したい内容を入力します。 end…

続きを読む
2022年07月18日1 分
Ruby

【Ruby】unlessで条件分岐する方法

Aが正しくない限り×、正しければ◯といった条件分岐を、unlessを使いRubyで作成します。 条件分岐の内容は、numberが60以上でない限り『まあまあ』、60以上であるとは『良い』とします。 numberを63で進めます。 まずは、 unless…

続きを読む
2022年07月17日1 分
Ruby

【Ruby】whenで条件分岐する方法

条件がAの時は◯、Bの時は△、それ以外は□といった条件分岐を、whenを使いRubyで作成します。 条件分岐の内容は、tempが晴れの場合『傘を持っていく必要ない』、曇りの場合『傘を持っていった方がいいかも』、それ以外『傘を持っていく必要がある』とします。 temp…

続きを読む
2022年07月17日1 分
Ruby

【Ruby】ifで条件分岐する方法

もしAが正しければ◯、正しくなければ×といった条件分岐を、ifを使いRubyで作成します。 条件分岐の内容は、numberが80以上は『良い』、60以上は『まあまあ良い』、60未満は『まあまあ』とします。 numberを63で進めます。 まずは、 if と入力し、…

続きを読む
2022年07月16日1 分
Ruby

【Ruby】文字列を数値に、数値を文字列に変換する

Ruby の演算子で、文字列と数値を同時に使うと、 数値から文字列へ暗黙の変換は行いません、というエラーが発生します。 演算子を使う場合、数値を文字列を揃える必要があります。 数値を文字列に変換する 数値を文字列に変えるには、変数名の後に『.to_s…

続きを読む
2022年07月15日1 分
Ruby

【Ruby】文字列を改行する

Rubyで文字列を改行します。 改行したい文字列を『””』で囲みます。 改行したい場所に『 \ n』を入力します。 Rubyで実行し、ターミナルで確認すると、 『 \ n』を入力した場所で改行されました。 ちなみに、文字列を『””』ではなく、『’’』で囲むと、 『\n…

続きを読む
2022年07月14日1 分