Amazon API Gateway を一から構築していきます。

今回は、POST メソッドを作成します。

まずは、AWS のコンソールで、API Gateway に移動します。

image2

API タイプを選択から、REST API の『構築』をクリックします。

image3

プロトコルは、『REST』を選択します。

また、新しい API の作成は、『新しい API』を選択します。

image4

名前と説明を入力します。

image5

『API の作成』をクリックします。

image6

新しい API が作成されました。

image7

次は、リソースを作成します。

アクションをクリックし、『リソースの作成』を選択します。

image8

リソース名を入力します。

また、『API Gateway CORS を有効にする』にチェックを入れます。

image9

『リソースの作成』をクリックします。

image10

リソースが作成されました。

image11

次に、POST メソッドを作成してみましょう。

アクションをクリックし、『メソッドの作成』を選択します。

image12

OPTIONS の下に表示されているプルダウンをクリックし、『POST』を選択します。

image13

チェックアイコンをクリックします。

image14

POST を作成することができました。

image15

次回は、AWSLambda を作成し、Amazon API Gateway と連携します。

ブログ一覧