前回は、Amazon API Gateway で JSON オブジェクトを送信しました。

今回は、レスポンスデータを修正します。

まずは、AWS コンソールで、API Gateway を開きます。

今回作成している API Gateway を開きます。

リソースの POST にあり。『統合レスポンス』をクリックします。

image2

右矢印をクリックします。

image3

マッピングテンプレートをクリックし、application/json をクリックします。

image4

テンプレートの下の内容に、以下のコードを入力します。

$input.json('$.body-json')

image5

JSON オブジェクト($)の body-json の部分のみマッピングします。

『保存』をクリックします。

image6

POST のメソッドの実行に戻って、テストします。

image7

テストをクリックすると、

image8

送信したデータのみ、レスポンス本文に返って来ました。

次回は、DELETE メソッドを作成します。

ブログ一覧