今回は、AWS App Syncを使って、APIを作成します。

AWS AppSyncを使うことで、GraphQLのAPIの開発ができるようになります。

まずは、AWS https://aws.amazon.com/jp/ にログインし、AWSマネジメントコンソールを開きます

『すべてのサービス』をクリックします。

image2

ブラウザで『appsync』と検索すると、AWS AppSyncが見つかるので、クリックします。

image3

『APIを作成』をクリックします。

image4

ウィザードで作成を選択し、『開始』をクリックします。

image5

モデルを作成画面に遷移しました。

モデル名を入力します。

モデルフィールドには、BookやCategoryなどデータにしたいモデルを入力します。

image6

今回は、Categoryを登録したいので、idをnameにしました。

image7

モデルテーブルを設定は、テーブル名を設定したい時などに入力します。

image8

必要事項を入力した後、右下の『Create』をクリックします。

image9

API名を入力後、『作成』をクリックします。

image10

自動で、queryやmutationが出来上がりました。

image11

試しに、クエリ変数で、『文学』を登録してみます。

上の横矢印をクリックしてみます。

image12

『createCategory』をクリックすると、

image13

image14

『文学』を登録することができました。

左メニューの『データベース』をクリックします。

image15

データソースの『Category』をクリックします。

image16

DynamoDBに遷移しました。

DynamoDBとは、NoSQLのデータベースです。

右の『項目を表示』をクリックすると、

image17

image18

Categoryのデータがありました。

ブログ一覧