前回は、AWS AppSync で API を削除、更新しました。

今回は、新しいデータテーブルを作成します。

まずは、AWS AppSync のスキーマを開きます。

image2

『リソースを作成』をクリックします。

image3

『タイプを定義または選択する』の中で、項目を設定します。

本に関する項目を設定しましょう。

image4

『作成』ボタンをクリックします。

image5

新しいスキーマが作成されました。

スキーマの input CreateBookInput にある createdAt は、自動で設定するので、削除しておきます。

image6

image7

createdAt が自動で取得できるように、リゾルバーの createBook から BookTables を修正します。

image8

『リクエストマッピングテンプレートを設定します。』内の 1 行目に、以下のコードを追加します。 DynamoDB で確認するとで確認すると、

#set( $ctx.args.input.createdAt = $util.time.nowFormatted("yyyy-MM-dd HH:mm:ssZ", "+09:00") )

image9

リゾルバーの input 内に createdAt をセットするということです。

日付は、日本の標準時に合わせました。

画面上の『リゾルバーを保存』をクリックします。

image10

クエリ画面に移動します。

mutation の createBook に、本に関するデータを入力していきます。

image11

右矢印をクリックし、mutation をクリックすると、

image12

データが追加されました。

DynamoDB で確認すると、

image13

image14

データが登録されていました。

ブログ一覧