AWS Fargate for Amazon ECS を使って、コンテナを作成します。

AWS Hands-On Series の『はじめてのコンテナ』を基に、進めていきます。

※途中、AWS Hands-On Series のテンプレートファイルが必要となります。

実際に作業を行う場合、AWS Hands-On Series の『はじめてのコンテナ』を受講してください。

AWS Fargate とは、OS の管理が不要になるコンテナです。

まずは、ECS を起動するために CloudFormation を使います。

AWS コンソールで、『cloudformation』を検索し、クリックします。

image2

『CloudFront ディストリビューションを作成』をクリックします。

image3

前提条件は、『テンプレートの準備完了』にします。

また、テンプレートの指定は、『テンプレートファイルのアップロード』にします。

※テンプレートファイルは、AWS Hands-On Series の『はじめてのコンテナ』を受講してから取得してください。

『次へ』をクリックします。

image4

スタックの詳細を指定画面で、任意でスタッフの名前を入力し、『次へ』をクリックします。

image5

スタックオプションの設定は、デフォルトのままにします。

『次へ』をクリックします。

image6

画面下部の『スタックの作成』をクリックします。

image7

スタックが出来上がりました。

image8

スタックが、『CREATE_IN_PROGRESS』から『CREATE_IN_COMPLETE』へ変わったことを確認します。

image9

検索画面で、『VPC』を入力し、クリックします。

image10

VPC をクリックします。

image11

hanson-vpc をわかりやすい名前に変更します。

image12

次に、複数のコンテナがあった場合ルーティングする、ロードバランサーを作成します。

vpc の左メニューにある、セキュリティグループをクリックします。

image13

『セキュリティグループを作成』をクリックします。

image14

セキュリティグループを作成画面で、セキュリティグループ名、ECShandson、を入力します。

また、VPC は、先程確認した handson~を選択します。

image15

画面下部の『セキュリティグループを作成』をクリックします。

image16

セキュリティグループが作成された後、インバウンドルールを編集します。

画面下部の『インバウンドのルールを編集』をクリックします。

image17

『ルールを追加』をクリックします。

image18

タイプで 『HTTP』を選択し、ソースで『0.0.0.0/0』を選択します。

同様に、タイプで『カスタム TCP』を選択し、ソースで『0.0.0.0/0』を選択します。

『ルールを保存』をクリックします。

image19

インバウンドルールが作成されました。

ロードバランサーを作成するために、EC2 のサービスを選択します。

image20

リソースの『ロードバランサー』を選択します。

image21

『ロードバランサーの作成』をクリックします。

image22

Application Load Balancer の『create』をクリックします。

image23

Load balancer name を入力します。

image24

Newwork mapping と Security groups で、先程作成した VPC を選択します。

image25

Newwork mapping の Subnet は、Public を選択します。

image26

Security groups で、default と ALB を設定します。

image26-1

Listeners and routing で、『Create target group』をクリックします。

image27

Target group name は、『dummy 』とします。

image28

『Next』をクリックします。

image29

『Create target group』をクリックします。

image30

Listeners and routing で、先程作成した target group を選択します。

image31

『Create load balancer』をクリックします。

image32

『View load balancer』をクリックします。

image33

ロードバランサーが作成されました。

DNS 名は、後ほど必要になるので、コピーしておきます。

image34

リスナーのタブに移動し、リスナーを削除します。

image35

左メニューの『ターゲットグループ』をクリックします。

image36

先程作成した、dummy を削除します。

image37

ロードバランサーの設定が完了しました。

次に、ECS のサービスを選択します。

image38

左メニュの『クラスタ』をクリックします。

image39

『クラスター』の作成をクリックします。

image40

ネットワーキングのみを選択し、『次のステップ』をクリックします。

image41

クラスター名を入力します。

image42

『作成』をクリックします。

image43

クラスターが作成できました。

image44

次回は、今回の続きからやっていきます。

ブログ一覧