今回は、サーバーレスフレームワークを実装します。

まずは、ターミナルで npm install -g serverlessを実行します。

ターミナルで作成したいプロジェクトのディレクトを作成します。

先程作成したディレクトリへ移動します。

ターミナルで、npx sls create --template aws-nodejs を実行します。

ファイルが作成されました。

image2

さらに、ターミナルでnpm init -y を実行し、初期化します。

package.json が作成されました。

image3

serverless.yml に、デフォルトの構成を追加します。

まずは、コメントアウトしている内容を削除します。

service: test-aws-serverless

frameworkVersion: "2"

provider:
  name: aws
  runtime: nodejs12.x
  lambdaHashingVersion: 20201221

functions:
  hello:
    handler: handler.hello

privider の中に設定していきます。

provider:
  name: aws
  runtime: nodejs14.x
  region: us-west-2
  stage: prod
  lambdaHashingVersion: 20201221

runtime は、aws が指定する、node-js のバージョンです。

region は、us-west-2 を選択しました。

stage は、開発環境ですと dev、本番環境ですと prod にしますが、今回はテストなので、dev にしました。

試しに、ターミナルでsls deploy を実行して、デプロイしてみます。

デプロイ完了後、Amazon S3 にアクセスします。

image4

デプロイしたファイルが保存されていました。

次回は、作成したテンプレートに DynamoDB を接続します。

ブログ一覧