前回までは、データを配列にしてデータ内容を画面に表示していました。

今回は、データを JSON ファイルにしてから、データ内容を画面に表示します。

コードは、前回のコードを使用します。

views/index.ejs

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
    <title><%= pageTitle %></title>
  </head>
  <body>
    <main>
      <h1>メニュー</h1>
      <p>メニュー一覧</p>
      <% if(menus.length > 0) { for (let menu of menus){ %>
      <p><%= menu.menuTitle %></p>
      <%} %> <% } else { %>
      <p>注文がありません</p>
      <% } %>
    </main>
  </body>
</html>

views/menu.ejs

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
    <link rel="stylesheet" href="/css/styles.css" />
    <title><%= pageTitle %></title>
  </head>
  <body>
    <main>
      <form action="/menu" method="POST">
        <input type="text" name="title" />
        <button type="submit">メニューを追加する</button>
      </form>
    </main>
  </body>
</html>

index.js

const express = require("express");
const app = express();
const path = require("path");

app.set("view engine", "ejs");
app.set("views", "views");

const menuRoutes = require("./routes/index.js");
const menus = require("./routes/menu.js");

app.use(express.urlencoded({ extended: true }));

app.use(express.static(path.join(__dirname, "public")));

app.use("/", menus);
app.use(menuRoutes);

app.use((req, res, next) => {
  res.status(404).send("<h1>ページが見つかりません</h1>");
});

app.listen(8000, () => console.log("Server is running ..."));

routes/index.js

const express = require("express");
const router = express.Router();

const menuController = require("../controllers/menus");

router.get("/", menuController.getAddMenus);

module.exports = router;

routes/menu.js

const express = require("express");
const router = express.Router();

const menuController = require("../controllers/menus");

router.get("/menu", menuController.getAddMenu);

router.post("/menu", menuController.postAddMenu);

module.exports = router;

controllers/menus.js

const Menu = require("../models/menu");

exports.getAddMenu = (req, res, next) => {
  res.render("menu", { pageTitle: "メニュー追加" });
};

exports.postAddMenu = (req, res, next) => {
  const menu = new Menu(req.body.title);
  menu.save();
  res.redirect("/");
};

exports.getAddMenus = (req, res, next) => {
  const menus = Menu.fetchAll();
  res.render("index", {
    pageTitle: "メニュー一覧",
    menus,
  });
};

models/menu.js

const menus = [];

module.exports = class Menu {
  constructor(title) {
    this.menuTitle = title;
  }

  save() {
    menus.push(this);
  }

  static fetchAll() {
    return menus;
  }
};

まず、JSON ファイルを使用するので、ファイルシステムを呼び出します。

const fs = require("fs");

次に、メニューデータの JSON ファイルを格納する場所を指定したいので、path を呼び出します。

const path = require("path");

メニューデータの JSON ファイルを格納する場所を指定します。

今回は、data フォルダの menus.json に格納するようにします。

Menu クラスの save のmenus.push(this);を一旦削除します。

ルートディレクトリ、data、menus.json のパスを join で繋げましょう。

const menuPath = path.join(
  path.dirname(require.main.filename),
  "data",
  "menus.json"
);

メニューを読み取るために、ファイルシステムの readFile を使います。

save() {
  const menuPath = path.join(
    path.dirname(require.main.filename),
    "data",
    "menus.json"
  );
  fs.readFile();
}

readFile の中に、JSON のパスと処理内容を入力します。

save() {
    const menuPath = path.join(
      path.dirname(require.main.filename),
      "data",
      "menus.json"
    );
    fs.readFile(menuPath, (err, fileContent) => {

    });
  }

空の menus の配列を作成します。

fs.readFile(menuPath, (err, fileContent) => {
  let menus = [];

});

ファイルの中身が null ではない場合、JSON を呼び出すようにします。

fs.readFile(menuPath, (err, fileContent) => {
  let menus = [];
  if (!err) {
    menus = JSON.parse(fileContent);
  }

});

menus の配列にデータを入れるようにします。

fs.readFile(menuPath, (err, fileContent) => {
  let menus = [];
  if (!err) {
    menus = JSON.parse(fileContent);
  }
  menus.push(this);

});

menus.json にデータを変換して書き込むように設定します。

また、エラーが発生した際のエラーメッセージも設定しておきましょう。

fs.readFile(menuPath, (err, fileContent) => {
  let menus = [];
  if (!err) {
    menus = JSON.parse(fileContent);
  }
  menus.push(this);
  fs.writeFile(menuPath, JSON.stringify(menus), (err) => {
    console.log(err);
  });
});

一度、ブラウザで確認します。

image2

image3

メニューの追加した後の設定は、まだ行っていないのでエラーになりますが、menus.json にはデータを確認することができました。

次は、メニューの追加した後の画面設定を行いましょう。

Menu クラスのfetchAllreturn menus;を削除します。

saveの場合と同様に、メニューのパスの変数を作成します。

static fetchAll() {
  const menuPath = path.join(
    path.dirname(require.main.filename),
    "data",
    "menus.json"
  );

}

ファイルシステムでファイルを読み込みます。

static fetchAll() {
  const menuPath = path.join(
    path.dirname(require.main.filename),
    "data",
    "menus.json"
  );
  fs.readFile(menuPath, (err, fileContent) => {

  });
}

fetchAllにデータが渡るようにします。

エラーの場合は空の配列、エラーでない場合は、menus.json のファイルを読み取るようにします。

static fetchAll(data) {
  const menuPath = path.join(
    path.dirname(require.main.filename),
    "data",
    "menus.json"
  );
  fs.readFile(menuPath, (err, fileContent) => {
    if (err) {
      data([]);
    }
    data(JSON.parse(fileContent));
  });
}

controllers フォルダの menus.js を開きます。

getAddMenusで Menu クラスのfetchAllmenusを返すようにします。

exports.getAddMenus = (req, res, next) => {
  Menu.fetchAll((menus) => {
    res.render("index", {
      pageTitle: "メニュー一覧",
      menus,
    });
  });
};

ブラウザで確認すると、

image4

image5

image6

メニューを追加すると、正しく画面が遷移されました。

json ファイルを確認すると、

image7

前回入力したデータに、先程入力されたデータが追加されました。

ブログ一覧