ハッシュとは、キーと値の組み合わせでできているデータのことをいいます。

設定方法は、『{}』の中に、キーを入力し、『=>』入力後、値を入力します。

fluits = {'apple' => 100, 'orange' => 80, 'banana' => 120 }
puts fluits

image2

キーをもとに値を取り出すには、変数名の後に『[]』を入力し、『[]』の中で指定します。

fluits = {'apple' => 100, 'orange' => 80, 'banana' => 120 }
puts fluits['orange']

ターミナルで実行すると、

image3

orangeの値である80が出力されました。

また、キーをシンボルにし、より簡単に書くことができます。

キーをシンボルにすることで、キーが数値化されます。

文字列ではないので、『’’』は必要ありません。

出力する際、キーの前に『:』を入力します。

fluits = {apple: 100, orange: 80, banana: 120 }
puts fluits[:banana]

ターミナルで確認すると、

image4

bananaの値である120が出力されました。

ブログ一覧