ビュー(View)で HTML の記述を使い、画面に表示することができます。

ビューは、app フォルダの views フォルダ内にあります。

image2

コントローラーの記述以下の内容ですと、

class GreetingsController < ApplicationController
  def index
  end
end

image3

index.html.erb の内容が表示されました。

コントローラーに変数を指定し、ビューを通じて画面に表示させます。

まずは、コントローラーの def 内に変数を記述します。

class GreetingsController < ApplicationController
  def index
    @greeting = 'Hello World!'
  end
end

変数名の前に『@』を付けることで、@が付いている変数をビューで使用することができます。

では、ビューに@greeting 変数を追加します。

ビュー内で『<%= %>』を入力します。

『<%= %>』内で Ruby の記述を使用することができます。

『<%= %>』に@greeting を追加します。

<h1><%= @greeting %></h1>

ブラウザを確認すると、

image4

コントローラーの内容を表示することができました。

ブログ一覧