TypeScript のオブジェクト型とは、何なのでしょうか?

例えば、名前と年齢のオブジェクトがあります。

let person = {
  name: "Taro",
  age: 16,
}

person 内の name と age に型指定したい場合、オブジェクト型を使います。

方法は、person の後に、:{}をつけて、{}の中にnameageの型指定を行います。

let name: "Taro",
  age: 16,
};

試しに、age を『16』から『sixteen』へ変えてみます。

image2

『型 'string' を型 'number' に割り当てることはできません。』と指摘されました。

また、person に phoneNumber プロパティを代入してみます。

let person: { name: string; age: number } = {
  name: "Taro",
  age: 16,
}

person = { phoneNumber: 08012345678 }

すると、

image3

『型 '{ phoneNumber: number; }' を型 '{ name: string; age: number; }' に割り当てることはできません。オブジェクト リテラルは既知のプロパティのみ指定できます。'phoneNumber' は型 '{ name: string; age: number; }' に存在しません。』と指摘されました。

このように、オブジェクト型に型指定することにより、入力ミスや、うっかりプロパティを変えてしまった時にエラーを表示して教えてくれるようになります。

ブログ一覧