今日はクリスマスなので、Alexa に子供に向けてメッセージを話させたいと考えています。

メッセージには、固有名詞が入るのでアプリとして配信できません。

テストのみになります。

今回は、Alexa のシミュレータを使って、Alexa と会話します。

まずは、Amazon 開発者アカウントを作成します。

この時、amazon.co.jp のアドレスから登録してください。

※すでに作成されている場合は、Alexa 開発者コンソール にログインします。

アカウントを作成します。

Amazon 開発者ポータルに必要事項を入力します。

image2

必要事項を入力した後、送信ボタンをクリックします。

image3

Alexa Skills Kit をクリックしましょう。

image4

『スキルの作成』をクリックします。

image5

スキル名を入力します。

image6

スキルに追加するモデルは、『カスタム』を選択します。

image7

スキルのバックエンドリソースをホスティングする方法は、『Alexa-hosted(Node.js)』を選択します。

image8

画面をスクロールして右上にある、『スキルを作成』をクリックします。

image9

もし、ホストするリージョンが、米国東部の場合、アレクサが機能しない可能性があるので、日本語を推奨しているリージョンである米国西部へ変更しておいてください。

image10

スキルに追加するテンプレートを選択画面になるので、スクラッチで作成を選択し m、『テンプレートで続ける』をクリックします。

image11

Alexa デザインガイドになるので、画面右の上から順番に実行していきます。

まずは、『1.呼び出し名』をクリックし、呼び出し名を決めましょう。

image12

スキルの呼び出し名を入力します。

image13

左メニュのカスタムをクリックします。

image14

右タスクの『2.インテント、サンプル、スロット』をクリックします。

image15

インテントを追加画面になるので、カスタムインテントを作成します。

インテントは、呼び出しで使った言葉だけではなく、他の言葉でも呼び出しできるようバリエーションを広げてくれます。

カスタムインテント名を入力し、『カスタムインテントを作成』をクリックします。

image16

考えうる限りの発話を入力します。

image17

左メニューのインテントをクリックすると、

image18

インテントが追加されていました。

Alexa デザインガイドに戻って、『3.モデルをビルド』をクリックします。

image19

『Build Complete』が表示されました。

『4.エンドポイント』は、特に触るところがなさそうです。

ヘッダーの『コードエディタ』をクリックします。

image20

キーボードで、『command + F』を押します。

検索バーが出てくるので、『LaunchRequestHandler』と入力し、LaunchRequestHandler関数まで行きます。

image21

speakOutputの中を、返答したい内容に書き換えます。

image22

.reprompt(speakOutput)をコメントアウトします。

image23

上部にある保存ボタンをクリックします。

image24

デプロイをクリックします。

image25

デプロイが完了した後、ヘッダーのメニューにある、『テスト』をクリックします。

image26

マイクを押しっぱなしにして、発言してみると、

image27

メッセージが表示され、Alexa がメッセージを伝えてくれました。

実機があれば、実機でも試してみましょう。

実機で確認するために、アレクサのウェブサイトにアクセスします。

左メニュの『スキル』をクリックします。

image28

すべてスキルの右にある、『有効なスキル』をクリックします。

image29

開発スキルをクリックすると、

image30

先程作成したスキルがありました。

※一度、テストで公開したので、アイコンが表示されています。

実機で、『アレクサ、サンタさんありがとう』と言うと、答えてくれました。

もちろん、子供も喜んでくれました!

ブログ一覧