前回は、Amazon API Gateway で ET メソッドを作成しました。

今回は、Amazon DynamoDB でテーブルを作成します。

まずは、Amazon DynamoDB サービスにアクセスします。

『テーブルの作成』をクリックします。

image2

テーブル名を入力します。

image3

パーティションキーを入力します。

パーティションキーの頭文字は、大文字にしましょう。

image4

後々、並べ替えしたい項目がある場合は、ソートキーを入力します。

image5

『テーブルの作成』をクリックします。

image6

テーブルが出来上がりました。

image7

作成したテーブルをクリックします。

『アクション』をクリックし、『項目を作成』を選択します。

image8

『新しい属性の追加』をクリックし、項目を追加していきます。

image9

とりあえず値は、適当に入力します。

image10

『項目を作成』を追加します。

image11

『テーブルアイテムの検索』をクリックします。

image12

先程作成した項目が追加されました。

image13

次回は、AWS Lambda と Amazon DynamoDB を連携します。

ブログ一覧