Flutterでオンオフのスイッチボタンを実装するには、Switchを使用します。

まずは、Scaffold内にSwitchを設定します。

import 'package:flutter/material.dart';

void main() {
  runApp(const MyApp());
}

class MyApp extends StatelessWidget {
  const MyApp({Key? key}) : super(key: key);

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return const MaterialApp(
      home: MyHomePage(),
    );
  }
}

class MyHomePage extends StatefulWidget {
  const MyHomePage({Key? key}) : super(key: key);

  @override
  State<MyHomePage> createState() => _MyHomePageState();
}

class _MyHomePageState extends State<MyHomePage> {

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      child: Switch(),
    );
  }
}

スイッチの初期値を設定するため、isOnを作成します。

class _MyHomePageState extends State<MyHomePage> {
  var isOn = false;
  
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      child: Switch(),
    );
  }
}

Switchの中に、valueonChangedを設定します。

valueは、isOnを指定しましょう。

また、スイッチボタンをタップすると、booleanで切り替わるようにします。

printで切り替わっているか確認します。

Widget build(BuildContext context) {
  return Scaffold(
    body: Center(
      child: Switch(
        value: isOn,
        onChanged: (bool? value) {
          if (value != null) {
            setState(() {
              isOn = value;
              print("$isOn");
            });
          }
        },
      ),
    ),
  );
}

では、動作確認しましょう。

image2

スイッチボタンをタップすると、

image3

スイッチがオンになりました。

また、OUTPUTを確認すると、trueになっています。

もう一度スイッチボタンをタップしてみます。

image4

OUTPUTを確認すると、trueになりました。

ブログ一覧