Shopify のテーマ開発は、Liquid というテンプレート言語を使用します。

image2

Shopify のテーマは、ブラウザで開発します。

ブラウザでの開発では、変更を確認する度に画面を切り替えたり、全文検索が弱いところがあったりし、作業の効率が落ちてしまいます。

今回はローカル環境で開発をする方法を紹介します。

まず初めに、Theme Kit(テーマキット)をインストールします。

Theme Kit は、Shopify のテーマ構築に使用できるコマンドラインツールです。

これによりローカル環境で開発時、開発したコードを Shopify にアップロードすることができます。

Linux もしくは macOS を使用している場合、Theme Kit をグローバルで設定するには、まずは以下のコマンドをターミナルで実行します。

curl -s https://shopify.github.io/themekit/scripts/install.py | sudo python

OS によってインストールするコマンドが異なりますので、インストール方法は、こちら(https://shopify.dev/tools/theme-kit/getting-started)をご確認ください。

Theme kit がインストールされていることを確認する場合は、以下のコマンドを実行します。

theme —help

image3

認証 API の設定

続いては、Shopify とローカル環境のテーマを連携させるために、認証 API の設定を行います。

手順は、以下の通りです。

  1. Shopify 管理画面から、『アプリ管理をクリックします。

    image4

  2. 右のページの下にある『プライベートアプリの管理』をクリックします。

    image5

  3. プライベートアプリ開発が無効になっている場合は、『プライベートアプリ開発を有効にする』をクリックします。

    image6

  4. 『新しいプライベートアプリを作成』をクリックします。

    image7

  5. アプリの詳細の欄の、アプリ名とメールアドレスを入力します。

    image8

  6. Admin API の欄の、『非アクティブな Admin API 権限を表示する』をクリックします。

    image9

  7. Admin API の『テーマ』の『アクセスなし』をクリックし、『読み取りおよび書き込み』を選択します。

    image10

  8. 画面右上にある『保存』をクリックします。

    image11

  9. 『アプリの作成』をクリックします。

    image12

『プライベートアプリが正常に作成されました』と表示されたら成功です。

画面下にスクロールし、Admin API 欄に API キーとパスワードが表示されます。

image13

テーマ ID の確認

テーマ ID も必要になるので、確認します。

管理画面の『販売チャネル』の『オンラインストア』をクリックします。

image1

画面右の『現在のテーマ』の『アクション』をクリックし、『コードを編集する』をクリックします。

image15

アドレスバーの URL の〇〇.com/admin/theme/に続く数字が、テーマ ID にあたります。

image16

ローカル環境につなげる

まずは、Shopify のテーマのためのディレクトリを作成します。

mkdir [theme-name]

image17

先ほど作成した Shopify テーマに移動します。

cd [theme-name]

image18

Shopify と連携するには、以下のコードを実行します。

theme get --password=[your-api-password] --store=[your-store.myshopify.com] --themeid=[your-theme-id]

your-api-password には、Admin API 欄のパスワード

your-store.myshopify.com には、管理画面のドレスバーに表示されている URL

your-theme-id では、先ほど確認したテーマ ID

がそれぞれ入ります。

例えば、

Admin API 欄のパスワード :  12345678

管理画面のドレスバーに表示されている URL  :  my-test-shopping.myshopify.com

テーマ ID  :  122914898083

の場合

theme get --password=12345678 --store=my-test-shopping.myshopify.com --themeid=122914898083

になります。

image19

実行すると、Shopify テーマが作成したディレクトリにダウンロードされました。

image20

コードを変更後、自動で Shopify のテーマを反映させたい場合、以下のコマンドをターミナルで実行します。

theme watch--allow-live

image21

今後、Shopify のテーマをローカル環境で開発する時は、theme watch--allow-liveを実行してください。

試しにコードエディタで変更してみます。

フッターの『Powerd by Shopify』を消してみましょう。

image22

『sections』の『footer.liquid』にある、{{ powered_by_link }}が『Powerd by Shopify』にあてはまりますので、こちらを削除します。

image23

『footer.liquid』を保存後、ターミナルを見ると、『footer.liquid』が更新されたのがわかります。

image24

Shopify の開発しているサイトをリロードすると、

image25

『Powerd by Shopify』が消えました。

theme watch--allow-liveを終了する場合は、ターミナルで『ctrl + c』もしくは『command + c』を入力してください。

一度環境構築を行うと、2 度目の起動からは、theme watch--allow-liveを実行するだけなので、ぜひ使用してください。

ブログ一覧