前回は、AWS AppSyncでAPIを作成しました。

今回は、AWS AppSyncでAPIを削除、更新します。

APIデータを追加する

現在、DynamoDBには、Categoryテーブルにデータが1件入っています。

image2

データを削除するため、もう1件追加しましょう。

AWS AppSyncに移動します。

左メニューのクエリをクリックします。

スキーマのクエリ内のcreateCategoryをクリックします。

inputのnameにチェックを入れて、nameにカテゴリ名を入力します。

image3

createCategoryのidとnameにチェックを入れましょう。

image4

横矢印ボタンをクリックすると、

image5

データが追加されました。

もう1件追加します。

image6

データが存在しているか、一覧で確認しましょう。

Explorer下のMutationをQueryに変え、『+』ボタンをクリックします。

image7

listCategoriesをクリックします。

image8

itemsをクリックし、id、nameをチェックします。

image9

横矢印のMyQueryをクリックすると、

image10

Categoryの一覧が表示されました。

APIデータを削除する

APIデータを削除します。

deleteCategoryをクリックします。

image11

createCategoryは、削除しておきましょう。

image12

deleteCategoryのidにチェックを入れて、idを入力します。

今回は、趣味・実用を削除してみましょう。

image13

deleteCategoryのidとnameにチェックを入れます。

image14

横矢印のボタンをクリックし、MyMutationすると、

image15

趣味・実用のデータが表示されました。

データが存在しないか、listCategoriesで確認します。

横矢印のボタンをクリックし、listQueryをクリックすると、

image16

趣味・実用の項目が存在していません。

APIのデータを更新する

APIのデータを更新します。

カテゴリ名を『自己啓発』にするつもりが、『事故啓発』になっているので、修正します。

mutationのupdateCategoryをクリックします。

image17

deleteCategoryは必要ないので、削除しておきましょう。

image18

updateCategoryのinputにある、idとnameにチェックを入れます。

idは、事故啓発のid、nameは、修正したい名前を入力します。

image19

updateCategoryのidとnameにチェックを入れておきましょう。

image20

横矢印をクリックし、MyMutationをクリックすると、

image21

修正後のデータが表示されました。

修正されているか、一覧で確認します。

横矢印をクリックし、MyMutationをクリックすると、

image22

データが修正されていました。

ブログ一覧