前回は、Amazon API Gateway で Amazon DynamoDB の単一データを削除しました。

今回は、Amazon Cognito のユーザープールを作成します。

AWS コンソールで、cognito を検索し、選択します。

image2

『ユーザープールの作成』をクリックします。

image3

プロバイダーのタイプは、そのままにしておきます。

Cognito ユーザープールのサインインオプションは、『E メール』を選択します。

image4

『次へ』をクリックします。

image5

パスワードポリシーは、デフォルトにしておきます。

image6

今回テストなので、他要素認証は、『MFA なし』にします。

image7

ユーザーアカウントの復旧は、そのままにしておきます。

『次へ』をクリックしましょう。

image8

『サインアップエクスペリエンスを設定』は、そのままにし、『次へ』をクリックします。

image9

E メールプロバイダーは、『Cognito で E メールを送信』

image10

『次へ』をクリックします。

ユーザープール名を作成します。

image11

アプリケーションクライアント名を入力します。

image12

『次へ』をクリックします。

確認および作成画面では、『ユーザープールを作成』をクリックします。

image13

ユーザープールが作成できました。

image14

次回は、Amazon Cognito を AWS Amplify を使わずに連携し、Emal とパスワードを登録します。

ブログ一覧