前回は、AWSLambda を作成し、Amazon API Gateway と連携しました。

今回は、JSON オブジェクトを送信します。

まずは、AWS コンソールで、API Gateway を開きます。

今回作成している API Gateway を開きます。

Content-Type:application/json を設定します。

リソースの POST を選択します。

image2

『統合リクエスト』をクリックします。

image3

マッピングテンプレートで、『テンプレートが定義されていない場合』を選択します。

image4

『マッピングテンプレートの追加』をクリックし、『application/json』と入力します。

チェックアイコンをクリックしましょう。

image5

テンプレートの生成のプルダウンをクリックし、は、『メソッドリクエストのパススルー』を選択します。

image6

『保存』をクリックしましょう。

image7

メソッドの実行に戻って、テストしてみます。

image8

『テスト』を実行すると、

image9

ステータス:200 が返ってきます。

次に、AWS Lambda のサービスへ移動します。

JSON オブジェクトを受け取るには、callbackeventを指定します。

コードソースの index.js を以下のコードに修正します。

exports.handler = async (event, content, callback) => {
  callback(null, event)
}

『Deploy』をクリックします。

image10

再び、API Gateway でテストしてみましょう。

テストのリクエスト本文に、JSON を入力します。

image11

『テスト』をクリックすると、

ステータス:200 が返ってきて、レスポンス本文に、先程設定した bookData が表示されました。

image12

次回は、レスポンスデータをシンプルに修正します。

ブログ一覧